なぜ日本人にスペイン語を勧めるのか?

 外国語下手で、英語が苦手な日本人が、これから新たに学ぶ外国語は何語が適当であろうか?答えは、ずばりスペイン語である。日本人には親しみが持て、馴染みやすく、英語の知識も活かせるスペイン語が有利で、最も学びやすく得する言語であるからである。


 今世界にはさまざまな言語が使用され、およそ6000語が存在していると聞いているが、悲しいことに、その半数以上は21世紀の末には消滅してしまう可能性が高いと考えられる。その中でこれからますます言語勢力を伸ばす言葉はいくつかあるが、使用人口の規模から言えば、英語を筆頭に、中国語、アラビア語、スペイン語などがあげられる。それらの外国語の中でこれからスペイン語を学んでみようという賢い選択をした方にこの原稿を読んでもらいたい。


 世界各地への言語の拡散という観点からみると、スペイン語は群を抜いている。ネイティブスピーカーの最も多い中国語は大半が中国国内に暮らしているため、広がりという点では低い。一方、使用地域が広く、汎用性が高い英語は国際語としての地位はゆるぎないものの、スペイン語は世界20ヶ国以上で話されている多数派言語としての地盤を確立しつつあり、英語にひけをとらない世界で通じる国際語になりつつある有力言語である。


大学の外国語学部で人気が高まるスペイン語学科


 現在、日本国内でスペイン語を専攻できる大学は20ほど存在するが、最近スペイン語学科への入学志願者数、特に女子高校生の人気は高く、受験者数が増えているという注目すべき傾向がみられる。


 中国語や韓国語がブームであった頃は、スペイン語の人気はいまひとつであった。ところが、人気が復活した理由の中に、スペイン語の持つ美しい響きに加え、ラテンアメリカでも広く話されているスペイン語圏諸国の持つ多様で豊かな文化、日本人にはない大らかなラテン気質などスペイン語圏諸国の魅力が再認識されているためだと考えられる。汎用性や実用価値が高く、英語の次に学ぶ第二外国語として米国でも広く使われているスペイン語がスペイン語学科に所属しない一般大学生の間でも人気の高いのもうなずける。


 日系企業のメキシコ進出ブームが火付け役


 一方で、ここ数年、自動車産業を中心に日本企業が一斉に米国市場向けの輸出製造拠点を持つにいたったため、スペイン語人口最大の国であるメキシコ(Méxcoメヒコ)への進出が続いているという経済的な背景もかなり影響していると考えられる。しかしながら、2018年に誕生した米国トランプ大統領の自国重視の通商政策により、メキシコへの海外直接投意欲がそがれた。さらに悪いことに、メキシコでは歴史上初の左翼新政権が生まれ、海外直接投資に悪影響を及ぼした。とりわけ、メキシコを北米の輸出製造拠点として重視していた日本企業の戦略の軌道修正せざるを得なかった。


 世界中で話されているスペイン語の広域性と拡散力


 スペイン語を母語として話す総人口はおよそ5億人といわれ、ヨーロッパ、南北アメリカ、アジア、アフリカにいたる23の国ないし地域で話されている。スペイン、中南米、米国で公用語または日常語として用いられ、米国の自由連合州であるプエルト リコ(Puerto Rico)およびフィリピン、すなわち、、フィリピーナス(Filipinas)以外ではすべて公用語として使用されている。


 スペイン語話者数は、中国語、英語、ヒンディー語に次いで世界第4位の位置を占め、英語、フランス語、ロシア語、中国語とともに国連の公用語になっているのは読者の方もご存知のことであろう。世界のいたるところで話されているスペイン語の持つ広域性と拡散力は、注目すべきものがある。アルゼンチンのパタゴニア大草原から西アフリカの赤道ギニアまで話されているスペイン語のこの普遍性は驚きと言えよう。


 発音は日本人にやさしいが、動詞の活用を覚えるのが最初の壁

 

 五つの母音は u(ウ)を除けば、日本語とほとんど同じなので英語と比べて非常に楽である。巻き舌も演歌歌手がラ行を自然に震わすように、日本人には簡単で初めからできる人も多い。運悪くフランス人のように震えが弱い人は、少し練習すれば必ずできるようになるので心配いらない。

 

 問題はやはり動詞の活用だろう。ar, er, irで語尾が終わる三種類の規則動詞と重要な不規則動詞の活用をマスターするのは避けて通れない。そういえば、高校時代の古文の時間に古語の上一段活用とか下二段活用とかいうのがあって一所懸命暗記したことがあると思う。要は、お経のように口から自然に出てくるまで唱えるしかない。神奈川大学スペイン語学科時代に、クラス担任から部屋の天井と自宅のトイレに活用表を貼って暗記するように勧められたことを覚えている。

0回の閲覧

〒344-0064 埼玉県 春日部市南

1-1-7 埼玉県東部地域振興ふれあい拠点施設    (ふれあいキューブ)5F C-3

電話
090-4741-4890
連絡先​
stakizawa@mexbiz.co
Copyright 2020 Mexico Consulting